FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活を楽しむこと

牡蠣のオイル漬け、最強です。

-----------------------

最近考えていることで、「自分を再生産すること」、そのうち書きたいと思っているのですが、今回はそれにとてもよく関係していることを先に書いてしまいます。

生きる営みを楽しむことって、大事だね、って当たり前のような話。

去年、モンゴルに乗馬に行ったのですが、それが9月末、シーズン終わりのぎりぎりの時期で、突然ひょうとか降ってきて寒かった。滞在する部屋は簡素な旅行客用(夏用!)のゲルで、寒いと思ったら、薪をくべて、火を焚いて暖をとる。薪が足りないな、石炭が欲しいな、と思っていると、タイミングよくガイドのツォクトさんがそれらを持ってきて、部屋を暖めるのを手伝ってくれる。とても手際よく、暖炉の中で火を焚いてくれる。部屋がぽかぽかと暖まってきて、たちまち快適な空間になる。

寒い。火を焚く。暖まる。その一連のことが、とても楽しかった。

乗馬ツアー客の私は、午前2時間、午後2時間(人も馬も休みが必要!)の乗馬の他には、何もすることがない。まるで自由だ。三度の食事を出されるままに食べ、お湯が出たら汗と埃を落とす。それだけ。

そんな中で、部屋を暖めることが、唯一自分でする、自分を生かす営みだった。

ツォクトさんは、本物の遊牧民出身で、でも首都にマンションも持っている、多分ハイクラス遊牧民だ。遊牧民にとって生活レベルのそのままである、持っている家畜の量も多いみたい。夏はゲルで暮らす。冬は家畜を南に預け、都市で暮らす。なんて良いところ取りの暮らしなんだ。良いなあ、最近の遊牧民は優雅だ。私も夏は大草原のゲル、冬は便利で暖かい都会で住みたい。と思っていたら、

「でも、便利すぎると、生活が面白くないヨ。」 
ツォクトさんはそう言った。つぶらな黒い瞳。

(余談だけどツォクトさんの日本語はすごくて、期間中ほとんどの単語や表現がそのまま通じた。知識や経験も豊富で他のガイドからも一目置かれたハイパーガイドで、でも私が好きなのは、「乗馬しに来ている」という私たち客の目的を尊重して、最大限面白い経験をさせてくれようとする所だった。乗馬が全く初心者の私でも駆け足をさせてくれたり、だんだん難易度の高い道をいったり、乗馬の楽しさを一緒に追求していくマインドが、ひしひし感じられた。ヘルメットをつけたり、初心者ずっと並足だったり、するような安全重視の保守的なツアーではないけれど、私はツォクトさんのツアーの方が、遊牧民の仲間入りをさせて貰えているみたいで、刺激的で楽しかった。興味があったら是非。HP→ツォクトモンゴル乗馬ツアー

今は一人で生活できるとんでもなく便利な社会で、大体の営みに必要な衣食住は、自分で何かしなくてもお金で買ってこれたりする。だから自炊とかだって避けて通れちゃうけど、でも自炊って楽しいよ。最低限衣食住についての面倒なことは、できる範囲で引き受けていくと、動物としての人間らしく暮らせている気がする。そうすると、変な喜怒哀楽は無くなって、不思議と落ち着いてくる。

面倒なことは、本当は面白いことなんだと思う。もちろん、必要に迫られてそういう面倒なことをやらなくちゃいけない人達にとっては、便利さは正義でしか無いんだろうけど、でも便利すぎる暮らしでは、多分生き物としての健康さを失っていくこともあって。そういう人、最近多いように感じる。自分もなんだけど。

掃除をして、清潔で快適な部屋を保つこと。日用品が切れたら買い足しにいくこと。おなかがすいたら料理して食べ物を作ること。食糧を調達すること。洗濯をすること。寝て起きること。ひとつひとつの営みを当たり前に繰り返していくこと。

それらは自分で自分の命をつないでいる活動で、とても面白い、大切なことだった、ということに気付いて。

ゲームで、あるじゃないですか、どうぶつの??とか、お金を貯めて、ものを買って、なんか繰り返して、そのうちに家なんかグレードアップして、行動範囲が広がっていくようなゲーム。それを面白いと感じるんだよね。現実の世界でも、実は同じようなことがあって、やっているはずで。

小学校の林間学校のカレーとか、美味しかったよね。釣りとか、家庭菜園とか、面白いのも、きっと同じだよね。釣り、やったことないけど。

面倒だけど、日常の営みって、生きていくエネルギーを、我々にくれると思うんです。簡単に自分の命の実感が薄れていってしまうような社会では。地味だけど、すごく生きている感じがするから。

-----------------------
じゃーん。
IMG_5913-06-11-16-20-19.jpeg

牡蠣のオイル漬けは、以前人づてに入手した生牡蠣が食べきれず、途方に暮れて「生牡蠣 保存」で検索して知った奇跡の食べ物です。ずぼらで料理下手な私にこそおすすめなのだ。今年も牡蠣見かけたので、買って作りました。

超簡単。→NAVERまとめ【これはうまい!】牡蠣のオイル漬け レシピまとめ

私は、ずぼらなんで味付けも無しで、気が向いたら鷹の爪入れようかな、ていう気楽な感じ。そんな作り方でも2~3日置くととてつもなく美味しくなってくれるの、オイルまで1滴残らず美味しいの、何なの天使なの。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。